Cyberpunk2077 – ライフパス

Cyberpunk2077では、プレイキャラクターの「V(ヴィー)」がどんな生い立ちかを、プレイヤー自身が選択することができる「ライフパス」という仕組みを取っています。

このページでは、ライフパスで選べる3つの生い立ちと、それぞれの特徴を解説していきます。

スポンサーリンク

ゲームプレイにどんな影響があるか?

実は、ライフパスはゲーム全体に大きな影響があります

  • ゲームの始まり方が3種類に分岐する。
  • ゲームの始まりから終わりまで、ライフパスに応じて会話の選択肢が変化する。
  • フィクサーと呼ばれる仕事仲介人との関係性

まずプロローグが全く違います。それだけでも3パターン全てプレイする価値はあると思います。また、ゲームの終わりまで一貫してライフパスに応じたロールプレイが可能で、会話選択肢の変化はその代表的な部分です。ゲーム序盤でのフィクサーとの関係性もそれぞれ違うようで、多くのクエストに影響しそうです。

次に、各ライフパスの特徴をご紹介します。

各ライフパスの紹介

ストリートキッズ

ストリートキッズを選択した場合、「V」はナイトシティで育った人物になります。

ストリートやギャングは身近な存在で、スラングもわかるし、貧困層の暮らしをよく知っている状態です。

そんなストリートでの経験から、クエストでギャングから気に入られる技を披露できるでしょう。

プロローグを動画で見る
【Cyberpunk2077】サクッとプレイするプロローグ:ストリートキッズ編【ライフパス参考動画】

ノーマッド

ノーマッドを選択した場合、「V」はファミリーを離れた元ノーマッドになります。

ノーマッドとは、ナイトシティの外に広がる砂漠世界「バッドランズ」を旅し、単独ではなくファミリーと呼ばれる集団で生活をする人たちのことです。

「V」は事情があってそのファミリーを離脱することになり、そこからナイトシティにたどり着き、新たな生活を始める過程がプロローグで展開されます。

その特異な経験から、状況分析に長け、会話選択肢で相手を看破することもできるでしょう。

プロローグを動画で見る
【Cyberpunk2077】サクッとプレイするプロローグ:ノーマッド編【ライフパス参考動画】

 

コーポレート

コーポレートを選択した場合、「V」はナイトシティの大企業「アラサカ」で地位を築いた人間になります。

ナイトシティのストリートとも、バッドランズとも縁遠い存在です。

企業での成功者ということもあり、会話の行間を読むことやビジネスの駆け引きに長けています。

そのおかげで例えばクエストの会話選択肢において、相手の真の目的を見抜くことが出来たり、思惑を察知して新たな選択肢を選べたりします。

プロローグを動画で見る
【Cyberpunk2077】サクッとプレイするプロローグ:コーポレート編【ライフパス参考動画】

おすすめライフパス

現時点では全てのライフパスがおススメです。

どの程度までゲームの攻略に影響を及ぼすか未知数ですので、直感に従うのがいいでしょう。それでも決められなかったら、3つのプロローグを全てプレイしてみてから決めてみてはいかがでしょう。

あなたはどのライフパスを選びますか?

 

■Cyberpunk2077 攻略TOPへ戻る

タイトルとURLをコピーしました